<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あたらしい本棚 | main | 神奈川なでしこブランド >>
どんぐり

年齢のせいか、ここ最近の気候の変動のせいか、季節に気持ちがついてゆけない。もう11月だというのが実感としてなく、わたしとしてはいまだ8月くらいの時間の感覚だ。

 

とはいえ、季節はどんどんめぐり、家のストーブはつけるし、クリスマスツリーも飾り終えた。

このところ家のあちらこちらで目にするのが、どんぐりだ。と、いってももちろん我が家が大きな森の真ん中に、ひどく隙間があるように経っているわけでなく、たくさんのどんぐりを家に持ち込むのは、末っ子の3歳だ。

 

9月の末のことだったろうか。朝の散歩の帰りにみつけたどんぐりをポケットいっぱいに詰めて きて、ほら、差し出したそれはつやつやとあかるい緑色で、みずみずしくさえ見えた。

それが次第に色が濃くなってきて、今時分に家にころがっているどんぐりはもう深いはしばみ色で、表面もやや鈍く光り、頭のぼうしも乾いて取れてしまったりしている。

 

とりわけ緑色がうつくしく、形も端正なひとつを台所の窓のところに飾っておいたが、すぐによく知っているふつうのどんぐりになってしまった。

 

〇どんぐりはまあるい実だよ樫の実は帽子があるよ大事なことだよ 小島ゆかり『月光公園』