<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< すっぱいもの、あまいもの | main | 蟻たちの夜 >>
名前
〇たんぽぽ組園児名簿の名前にはゆ、る、み、あ、の、ま、も丸き字多し  美衣

末っ子の保育園の園児名を見ていて、丸い文字の名前が多いのだなと思って詠んだ一首。
親はそれぞれの思いを込めて名前をつけるだろうが、その時代の空気というのものがやはり共通のものとしてあるのだろう。

名前と言えば、わたしは子どものころに自分の名前があまり好きではなかった。
何よりも、まず正しく読んでもらえない。学校などで先生にたびたび読み方を尋ねられるのがきまり悪かったし、間違えて読まれて(「みえ」という名なのだが、「みい」と読まれることが多かった)まわりの子にくすくす笑われるのはさらに嫌だった。

しかも名前の由来がふるっている。母はずっと女の子が生まれたらつけようと思っていた名前があったそうだのだが、いざ生まれてから調べてみると、その名前の画数が悪かった。慌てて画数の良い名前を考え、何しろ出生届の提出期限があるものだから、急いでつけた。届けを出したあと、もう一度画数をよくよく調べてみたらそれほどよくもなかったらしい。

そんなわけであまり好きでなかった名前だが、今は気に入っている。読み間違えられるのは、今でもしばしばだが。

「赤毛のアン」の中で「もし薔薇がアザミという名前だったら、同じように香らないと思うわ」というセリフがあったと思うけど、もし私が違う名前だったら、違う人生を歩んでいたような気がしてならない。
今の名前はわたしにとてもしっくりしていると思うけど、それがぴったりの名前が付いたせいなのか、わたし自身が名前のようになっていたのか。両方のような気がする。