<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< hikiさんの小物 | main | ちょっと仕事の話 >>
干し物日和
最近気づいたのだけれど、どうやら干すということが好きらしい。
家にいる日にからっと晴れ上がっていると、いろんなものをどんどん洗濯して干したくなる。
家族みんなの布団からシーツやカバーをひっぺがして、洗濯機に放りこんで何度も回す。次に干す物はないかとあれこれと家中をさがして、クッションやぬいぐるみ、靴や、木製のこどもおもちゃ、はたまたときには引き出しをごっそり抜き出して日に当てたりもする。

普段日に当たらないものたちは、ちょっととまどったように白日に身をさらしている。それが庭やデッキにたくさんならんでいる様子はなかなかのものだ。

少し前のことだが、魚の干物をつくった。ちょうど髪を切りに出かけていて、帰りに電話をかけて家人になにか買い物はないかとたずねたら、魚を買ってきてという。こんなに天気のよい日だから、干物でもつくってみようと思い立ったらしい。そういえば、以前から干物作りにあこがれて(さらにその自作の干物を庭の七輪で焼く、というのがあこがれの全容のようだった)いたなと思い出し、駅前の魚屋で魚を選んで帰った。

干物の作り方を調べて、開いた魚を20パーセントの塩水に1時間ほど、漬けたのち水気を拭いてデッキに干した。魚屋の店先にあるときよりも、冷蔵庫の中にしまわれているときよりも堂々として立派に見える。午後から干してもうちょっとという感じだったので、よく朝まで干して朝ご飯に焼いた。
身がぎゅっとしまっていて、塩味の加減もちょうどよい。何よりもこれをわたしがこしらえたのだ、という高揚感がおいしくさせて、家族でわいわい食べた。

やってみたいなと思いながらも、やり方がよくわからなかったり、ちょっとの手間がハードルになってそのままにしていることが考えてみればたくさんあるように思うけど、実際はやってみることが一番だなと思う。わたしの干し物リストについに魚も加わった。

盆ざるは風情があります。夜はそのままにしておくのが心配だったので、アウトドア用品の干し物かごに移動しました。